宇宙人が作った地中海の真ん中にあるマルタ共和国の巨石神殿群

Pocket
Delicious にシェア

世界にある石造建造物の中で、最も古い可能性のあるものとして、マルタ共和国の巨石神殿群があげられます。

マルタ共和国は、地中海の真ん中にある島国です。

この神殿群は、なぜ建てられたのか、いつごろ建てられたのか、そして、あんなに巨大なものをどのようにして人力で建てたのかというのがわかっていない、とても不思議な建造物なのです。

ミステリーに興味のある方は、ぜひとも見てほしい観光スポットですね。

マルタ島、およびその隣の島であるゴゾ島で、およそ30か所ほどの巨石神殿群が見つかっています。

二つの島の神殿群は、だいたい同じぐらいの時期に造られていることがわかっており、また、女神の像と思われるものが複数見つかっているため、おそらく宗教に関係した施設なのでは、といわれています。

しかし、彼らが何を信仰していたのかは不明で、欧州の別の文明との共通点も見つからないので、その点も非常に謎が深まります。

そして、この巨石神殿群で使われている石は、重さは約20t、全長は6mもの巨大さ。

現代の文明であっても、この大きさの石を思うように積み上げるのはかなり難しいでしょう。

この地の伝説によれば「巨人によって造られた」といわれているそうですが、まさにそれ以外には考えられない建造物です。

石を運ぶことすら難しいはずの当時の技術で、いったいどのように造られたのかは誰しも頭をひねるものであり、とある研究者からは「宇宙人が造ったのでは」という説も飛び出しているほどです。

そんな不思議な建造物を、ぜひ一度見学したいものです。

マルタ共和国の観光時期は、5~9月ぐらいの夏の間が適しています。

一年を通してわりと暖かい気候ですが、秋~春にかけては、天候が変化しやすく、冬は雨も多いため、この時期は避けた方が良いでしょう。

神殿群は見るところが多いので大変かもしれませんが、押さえておきたいのはイムナイドラ神殿と、ジュガンティーヤ遺跡です。

保存状態も良く、研究のために整備されているので、観光しやすい遺跡といわれてます。

Pocket
Delicious にシェア