古代遺跡を巡る旅が私たちに教えてくれるもの

Pocket
Delicious にシェア

もし、あなたが海外旅行に行くとしたら、どんなところでどういう風に楽しみたいですか?

美味しいレストランが立ち並ぶ近代的な都市で買い物を楽しんだり、透き通るようなきれいな海で泳いだあとはエステを堪能したいという方も多いでしょう。

PR 飲み方が推奨されているめっちゃたっぷりフルーツ青汁

でも、そういう旅行はもう何回もしているという方は、少し旅の方向性を変えて、古代遺跡を巡る旅などにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

古代の人々が何を想い、どんな生活をしていたかは謎に包まれている部分もあり、今とは文明の異なる彼らが、人力だけでどうやってあんなに大きな建物を建てたりできたのか、考えるとワクワクしてきませんか?

そんな古代遺跡を巡る旅をもっと楽しむ方法についてご提案したいと思います。

古代遺跡を見るのと見ないのとでは歴然の差をつけられるほど

まず、古代遺跡を訪れる楽しみとして、その場所の古い文化や、当時の人々の風習などをじっくりと堪能できることです。

米国や欧州などは非常に近代的な街のため、最初は刺激的でも、「結局、日本とそんなに変わらないな」という印象を受けます。

日本と同じような飲食店が並び、日本でも買えるような物があちこちで売られています。

せっかく日本を飛び出して他国の文化に触れるのであれば、現代の文化とは逆行するような都市を訪れてみると、また別の刺激をもらえるでしょう。

さらに、古代遺跡は、そこに住んでいた人々が死に絶え、まったく謎が解明されていないものから、壁画や彫刻で克明に当時の暮らしが残されているものなど様々。

遺跡の文明も途絶える日がいつか来るのかも

私たち日本人は、普通のこの暮らしがずっと続くと思っていますが、いつかはその文明も途絶える日が来るのかもしれません。

その地で生活をし、文明を創っていった彼らが、どのような気持ちで過ごし、そして滅びていったのか。

そのようなことを考えながらの遺跡巡りは、新たな気づきをもたらすでしょう。

Pocket
Delicious にシェア